スポンサーリンク

銀行融資と確定申告

銀行は面談で 大家さんのどこを見るのか
不動産 確定申告の仕方
貸借対照表の 書き方について
期日を過ぎた確定申告


銀行融資と確定申告についてあれこれ

 

 

大家さんが、確定申告をしていなければ、


銀行融資は、期待できません。


たぶん、不動産購入の融資のために、


銀行に相談に行っても、申告書がないと、


審査が出来ないと言われるはずです。

 


何故かと言えば、返済能力と大家さんの財務状況が


つながってくるからです。


それ以外に、一定の収入があれば、確定申告を行うことは、


私たち国民の義務となっています。

 

 

貸家を持っていても、確定申告が必要だとは思わなかった人や、

 

貸家を持っていても、1軒だけだから、しなくてもいいと、



思っていた人は、銀行から不動産融資受ける際に、



つまずいてしまいます。

 


確定申告をしていない人への、融資はやはり難しいわけです。

 

 

なので、既に大家さんをやっていて、

 

まだ確定申告などをしたことがないのなら、

 

所轄の税務署に、連絡をとって、

 

可能な限りの過年度分の、修正申告をしましょう。

 


確定申告は、自身が作成するものですが、


税務署への申告と受付により、信頼性を帯びてきます。

 

銀行の融資判断はあくまでも、信頼性のある資料に、


基づいて行われます。

 


そいう意味で、税務署への申告書は最も信頼できる書類に、


なります。

 

金融機関は、融資申込者の申告書の財務状況を、

 

見たうえで、融資の判断にしましので、

 

申告書を見ないと、経営成績と財政状態がわからないわけです。


2軒、3軒と、これから、不動産賃貸業を拡大するためにも、


銀行担当者から信頼してもらい、融資をうけるためには、


確定申告が必要です。




確定申告は、金融機関との関係において、


重要な役目を、果たしています。




申告書の中には借入状況や、家賃入金状況はどうなのか、


という金融機関が注目する情報が、たくさん入っています。




金融機関は確定申告の中身を精査して、


さらなる融資の対象となるのかを、判断するわけです。

 

 






スポンサーリンク









サラリーマン大家 不動産担保ローンとカードローン

サラリーマン大家 カードローン審査

サラリーマン大家 消費者ローンについて

サラリーマン大家 キャッシング審査

女性の不動産投資と不動産担保ローン

不動産投資とクレジットカード

サラリーマン大家 不動産投資とフリーローンについて

銀行の不動産投資融資に対する審査の仕組み

サラリーマン大家 不動産投資ローン融資の審査について

クレジットカードとキャッシング

不動産投資と 事業者向け貸金業者

クレジットカードで 不動産投資

不動産担保ローンと住宅ローンが組めなくなる場合

銀行から うまく不動産担保ローンの 融資を受ける方法

投資不動産 銀行による融資スタイルの違い

サラリーマン大家 銀行からいかにしてローンを引き出すか

不動産投資の融資交渉は根拠を示して

銀行ローンと不動産投資との関係について

不動産担保ローンは  金利動向と融資額をつかんでおくことです

不動産担保ローンの審査交渉

サラリーマンが 金持ちになるローンと貧乏になるローン

有担保カードローンは 不動産投資に利用できます。

不動産担保ローンは起業には欠かせません。

不動産担保ローンと 不動産投資だけの特別な仕組み。

キャッシングにおけるリボリボルビング払いについて。

クレジットカードの審査基準

クレジットカードの 審査のポイントと 分かれ目

新築マンション投資 銀行ローンについて

資産運用は実際に実績がある人から学ぶことです。

自営業者が銀行から 収益物件の融資を受けるには

住宅ローンとアパートローン

消費者金融からの借り入れ

キャッシング むじんくん について

キャッシング ノーローンについて

キャッシング ノーローンの利用者の使用状況について

不動産投資信託について

銀行融資 不動産担保の評価方法

キャッシング 闇金融からの借り入れ

不動産投資 金融機関の融資審査には金額の 少ない方が審査に通りやすいか。

銀行借入は 自宅の純資産を活用する。

不動産担保ローン 収益還元法の落とし穴

銀行預金と不動産担保ローン

自宅購入か不動産投資か

デフレ時代に融資する銀行の考え方

デイトレードに打ち込んでもいいものか。

FX投資のリスク対策

区分所有マンションは 担保にないにくいです

マイカーローン審査

教育ローン審査

不動産投資ローン

銀行借入は キャッシュフローが全てです。

安サラリーマンでも悠々自適の生活は送れます。

不動産投資の資金つくりは 貯金とキャリアアップで

更地を買って アパートを建てることはあまりすすめません。

住宅ローン貧乏

万一返済不能に陥った場合の 住宅ローン対処法

今回は住宅ローン返済困難、銀行交渉のシナリオについて

資産を築く厳しさは そのための資金を用意する難しさにあります。

物件購入はローンの金利と返済期間が大きく影響します

住宅ローンを受けるときはカードローンは控える

当面の資金繰りに困った時はどうする

大家さんになるための メインバンクの作り方

不動産は借入金で 入手するものです。

借入金と家賃収入について

有担保カードローンα-style


競売物件は ローンがつきにくい

住宅ローン 中小企業金融円滑化法

不動産投資ローン銀行から 高額融資を受けるには

銀行無担保カードローンと消費者金融のキャッシングの違い

労働金庫 有担保カードローン

住宅ローン買い替えローン

繰り上げ返済を自動的にできるシステムがあります

事業資金なら 低利で有利な融資を受けられる商工中金をおすすめします

不動産投資用のローンを受ける前にしておくこと

不動産担保ローンの壁の突破法

住宅ローンと比べてなぜキャッシングの金利はどうしてこんなに金利差があるのか。

不動産担保提携ローン

住宅ローン優遇金利で目いっぱい借りるのはどうですか?

不動産投資には究極の投資というものはあります。

RCと木造を交互に組み合わせて 投資するスタイルが不動産投資には有効です

自宅マンションをローンで買ってしまった人は繰り上げ返済を繰り返すことです

あえて不動産担保ローンを使わないで現金で不動産を取得する

東京スター銀行の スターワン住宅ローン(預金連動型住宅ローン)

家族を守ることができる保険は 団体信用生命保険になります

ノンリコースローンはキャッシュフローに問題がある。

居住用マンションは賃貸に出しても採算が合わない

住宅ローンの落とし穴

住宅を建てる場合の資金繰り

不動産投資ローン利回りの考え方

投資の資金を得るには自分自身があくせく働かなくても回るシステムを持つことです

民間の住宅ローンの現状はどうなっていますか

マンションの既存不適格物件

マンション経営失敗

不動産投資 黒字倒産

経済的自由になるには 起業をすることです

リースバックのメリットとデメリット

根抵当権のメリット

不動産 出口戦略

不動産投資 キャッシュフローと利益の関係

ローンでワンルームマンションを購入する場合

ワンルームマンションが資産運用で有利な仕組み

アパートローン返済期間延長

中古ワンルームマンションなら 全額現金で購入するのが得策です

店舗開業の夢を持っている人

マイホームを手放さずに 借金を整理する方法

物件が良いかどうかは買う人によって違ってきます

中古ワンルームマンションの 複数まとめ買い

セカンドハウスローン

ワンルームマンションに 融資してくれる金融機関

中古ワンルームマンション提携銀行融資

不動産投資ローン、金利の上昇にはどう対処する

住宅ローンで投資用不動産を購入する場合

賃貸住宅から自宅購入へ

繰り上げ返済手数料

メインバンクを作るには

自己破産すると自宅はどうなるか

不動産投資、金融機関選び

クレジット会社に対する月々の支払いが遅れた場合

リフォームローン

不動産投資、融資審査を受けてみる

銀行は大家さんの決算書のどこを見て融資の判断をするのか

不動産担保融資を、引き出しやすい物件

買い付け証明は、ローン特約を付けるかどうか

不動産は流動性が悪いか

住宅ローンの借入先選定

主婦が消費者金融会社からの借金を返せなくなったとき

家賃が値下がりしたためにローンが 返せなくなったときの大家さんの対処法

ローンの支払いが苦しくなってきたとき返済交渉

更地からのアパート建設について

新築マンションをローンで買うのは勧めません

不動産担保ローン審査

ローン壊しについて

銀行から有利に融資を引くにはサブリースを付ける

女性向け住宅ローン

悪名高い、買い替えローンはあまり利用されない。

フリーターや派遣社員で 住宅ローンを組む

住宅ローン、イザというときには貸せばいい、売ればいいの落とし穴

住宅ローンは夫婦のかすがいになるか

銀行マンの給料はどこから出ているの

利回り星人はリタイアできない

積算価格が高い物件の落とし穴

キャッシュフローが、きつくなれば、さらにローンを利用する

あえて満額買い付けを使わないでオーバー買い付けで不動産を取得する

赤字申告の落とし穴

買いたい人から、買える人になるには

不動産投資を始めるには、RC物件か、小さい物件を買うか

木造築古物件アパートを、フルローンで購入してもいいですか

大家さんになりたいが、自宅を購入してしまった場合はどうする

多額の住宅ローンが残っていて、引っ越しもできない人が、大家さんになるには

不動産、ローンが残っているが売却することはできますか

カードローンの、返済ができなくなったとき

不動産担保ローン、元金据え置きを利用して安定経営を

フルローンのデメリット

借地権物件の銀行融資

カードローンやクレジットカードキャッシング、マイカーローンなど たくさんの借金を抱えている人は、住宅ローンを組めるのだろうか

不動産投資 失敗 自己破産

サラリーマンこそ賃貸経営を

銀行の、キャッシュカード一体型クレジットカード

住宅ローンを完済、根抵当権は、そのまま残しておいた方が良いか

不動産担保ローン属性の低い人の審査対策

住宅は借りる方がいいのか、買う方がいいのか

子供の教育費用は、低金利で融資を受ける

住宅ローン破綻

住宅ローンの基本を抑えましょう

住宅ローン フラット35S

銀行はサラリーマンが行う、不動産投資をどのように、捉えているのだろうか

少額物件は、スピード勝負です

法人で融資を引く場合

サラリーマンを辞めるために、不動産投資をする

中古区分マンションの融資を引く

サラリーマン大家さんの、キャッシュフローと銀行融資

預金や借金でもキャッシュか

不動産の本当のプロは融資担当者になります

金融機関借り入れは熱意が必要です

フラット35S住宅優遇制度

住宅ローン控除 優遇制度

創業後間もない人には、日本政策銀行の創業フォローアップ融資

不動産があればピンチはしのげる

不動産売却するまでにどれくらいかかる。

自宅担保の、不動産担保ローンは不動産購入に利用すれば、より低金利になる

消費者金融会社の不動産担保ローン

街金融との付き合い方

車のローンは、ろうきんを利用するのが一番です

ワンルームマンションの担保評価

投資戦略としての、当座貸し越し枠設定

狭い土地でも、2世帯の住宅が建てられるのなら、賃貸併用住宅として、住宅ローンが組める

日本政策金融公庫 失業 借入

借入金比率

アパートローン審査

マンションは、ローンを組んで購入すれば、投資対象にはなりません

ローン審査に落ちない対策

銀行融資と信用毀損

自分で銀行交渉する場合

固定金利の落とし穴

収益物件 買い替え

ローンとの付き合い方

フルローンは危険か

融資ローン特約なしで購入する

不動産投資破綻

銀行目線 投資家目線 不動産屋目線

会社を辞めてはいけない理由

家賃収入には手を付けない銀行融資

不動産投資 自己資金を早く回収する

低金利の恩恵

銀行はどのように融資判断するのか

お金の貸し借りに、金銭消費貸借契約書をかわす

住宅ローンと投資物件のローンを家賃収入で賄う

あえてローンを使わない、現金による不動産投資は有効か

高齢者向け優良賃貸住宅融資制度の活用

銀行融資のハードル

不動産投資の有利な特徴

サラリーマンが不動産投資の融資を受けやすい物件はプロジェクト物件です

中古ワンルームなら バルク買いが有利です

売買金額の、水増し融資申込

住宅ローンがある場合の、不動産投資

サラリーマン大家さんと、専業大家さんの銀行融資

物件を増やすのなら、二番抵当を利用する

融資に不利にならない不動産決算書

金融機関から断られても、融資を引き出すには

法人で融資を受けるには

スルガ銀行で 融資を受けるには

オリックス信託銀行での融資

不動産担保ローン申し込み

ローンが物件価格に、届かない時の対処法

不動産担保ローンの効果的な使い方

融資の引き方失敗

成功する融資の引き方

融資を受けるための財務諸表対策

銀行が融資を断る本当の理由とは何でしょうか

家賃を下げるのなら、リフォームローンを利用する

住宅機構の一般賃貸向け融資停止

カーローン審査甘いところ

赤字でも、債務超過でも銀行から融資を受けるには

属性を上げる方法

ローンの一本化審査

商工ローンの現状

土地のみ購入ローン

銀行からお金を借りてくださいと言われる人

就職していなくても、民間銀行から融資を受けられるのでしょうか

三井住友銀行での融資の現状

銀行融資と確定申告

メインバンクでない金融機関の懐に飛び込むためには自治体の制度融資を利用する

金利が下がったら、なぜ貸せなくなるのか。

消費者金融の借金を、労働金庫の低利ローンに借り換える方法

信用保証協会付き融資を受ける際は、プロパー融資と抱き合わせ融資を

元利均等返済と元金均等返済

不動産投資家である、事業主の資質を、銀行はどうやって判断するか

支払利息が減らないアドオン方式

アパートローンと住宅ローン

銀行の不動産投資に対する融資

企業への融資と、不動産投資に対する融資の違い

不動産投資で、銀行融資を受けるデメリット

銀行が、融資をする理由

再建築不可物件銀行融資

どこの銀行から融資を受けたらいいのか

銀行は個人の借入履歴を、把握してから融資を行う。

妻がパートで働く場合も、年収150万以上を目指そう

事業用ローンと、住宅ローンの金利計算の違い

60歳からの不動産投資

何部屋の空室に耐えられるか

収支、返済シミュレーションをしっかりやっておけば 銀行と有利に交渉できる

損益計算書より貸借対照表の方が重要です

銀行の変動型住宅ローンの比較

市街化調整区域内の不動産投資

自宅併用賃貸住宅は住宅ローンかアパートローンかプロパー融資かどれが有利ですか

地主伝来大家さんが銀行から融資を受ける対策

属性を補うもの

土地から購入してアパート・マンションを建てる新築融資

金額はいくら入用ですかと銀行に聞かれたとき

不動産投資は、無借金経営を目指す

日本政策金融公庫の繰り上げ返済

自己資金を貯めてから買うよりも、買ってからローン完済を目指す

信用と、属性の低い人は豊富な金融資産を用意する

不動産投資物件の、ローンの安全性を見る

デフレ下では ローンの完済を目指す

返済期間を短くローンを組むメリットは何でしょうか

融資期間を短く組めばローンコストが高くなる

公的ローンは、民間ローンに比べて金利と手数料が安いのがメリットです

フルローンが出る物件

不動産投資の怖いところ

金融機関は購入価格で融資額を決定する

新築物件が中古物件よりも住宅ローンが通りやすい理由

住宅ローンの攻略方法は、不動産業者を通して住宅ローンを申し込む

ビジネスローンの現実

コインランドリー経営の資金調達は日本政策金融公庫

年収はお金で買えるという落とし穴

借金から逃れるにはすべてをオープンにすることです

銀行が警戒する点と投資家のリスク

親(家族)からお金を借りる(融資を受ける)

民間銀行のリフォームローン

住宅ローンが組めない人とは

フルローンを受けるには

融資を受けて アパートのオーナーになるには(区分所有マンションの融資はどうか).

住宅ローンが審査に通りやすい理由).

運転資金の借り入れ

銀行が喜ぶ付き合いをする

信用保証付き債務を、金利の高い既存債務の返済に充てる

融資を受けるようになるには

アパートローンのデメリット

お金を借りられる人と借りられない人の違いは、(資金繰りに真剣に取り組んでいるかどうかです)

借りられる人と借りられない人の違い

設備資金を借り入れる

手元資金は借入をしてでも確保しておく

なぜアパート・マンション事業は15年目が危機になるのか

アパート経営の始め方、(資金)計画

事業性融資は属性も、資産家も関係しない

銀行が喜ぶ付き合いをする

法人なら、木造築古物件に長期の融資は受けられる

信用保証付き債務を、金利の高い既存債務の返済に充てる

融資を受けるようになるには

アパートローンのデメリット

お金を借りられる人と借りられない人の違いは、(資金繰りに真剣に取り組んでいるかどうかです)

借りられる人と借りられない人

銀行支店長は何を重視しているか

生活保護と住宅ローン

融資がつかなくなる理由

不動産投資ローンの種類(事業用ローンとアパートローンの違い)

クレジットカード審査の甘いところ

エリア外(遠隔地)の不動産投資

自営業者が不動産投資の融資を受けるには保証協会付き融資を利用する

保証協会と保証会社との違い

サラリーマンが融資を受けて不動産投資を始めるには(大家さんになるには)、オリックス銀行やスルガ銀行で融資を受けて始める

根保証とは(商工ローンには根保証に気を付ける)

融資を受けて アパートのオーナーになるには(区分所有マンションの融資はどうか )

銀行は建物の価値よりも、土地の価値に融資を行う

不動産比準価額(原価法、取引事例評価法、収益還元法)

初期不動産投資初期戦略からプロへの道へ

金融機関の融資査定法(不動産投資のすべての融資のベースとなる考え方)

クレジットカード審査の甘いところ

エリア外(遠隔地)の不動産投資

自営業者が不動産投資の融資を受けるには保証協会付き融資を利用する

保証協会と保証会社との違い

サラリーマンが融資を受けて不動産投資を始めるには(大家さんになるには)、オリックス銀行やスルガ銀行で融資を受けて始める

根保証とは(商工ローンには根保証に気を付ける)

融資を受けて アパートのオーナーになるには(区分所有マンションの融資はどうか )

銀行は建物の価値よりも、土地の価値に融資を行う

不動産比準価額(原価法、取引事例評価法、収益還元法)

初期不動産投資初期戦略からプロへの道へ

金融機関の融資査定法(不動産投資のすべての融資のベースとなる考え方)

信用保証付き債務を、金利の高い既存債務の返済に充てる

融資を受けるようになるには

アパートローンのデメリット

お金を借りられる人と借りられない人の違いは、(資金繰りに真剣に取り組んで いるかどうかです)

借りられる人と借りられない人の違い

銀行支店長は何を重視しているか

実印と印鑑証明書の機能と役割

生活保護と住宅ローン

不動産投資ローンの種類(事業用ローンとアパートローンの違い)

クレジットカード審査の甘いところ

信託銀行の融資状況

保証協会と保証会社との違い

サラリーマンが融資を受けて不動産投資を始めるには、オリックス銀行やスルガ銀行で融資を受けて始める

根保証とは(商工ローンには根保証に気を付ける)

銀行は建物の価値よりも、土地の価値に融資を行う

不動産比準価額(原価法、取引事例評価法、収益還元法)

初期不動産投資戦略からプロへの道へ

金融機関の融資査定法(不動産投資のすべての融資のベースとなる考え方)

不動産投資用の融資がなかなか受けられない人の(資金調達法)借入法

確実に購入できる買付申込書の書き方について

不動産投資の融資の決め手は、物件の担保力と収益力と賃貸事業の実績

金融業界の融資基準

将来、不動産担保ローンの融資を受けるための実績作り

消費者金融、改正貸金業法施行のその後

物件単体では融資OKであっても、最終的には投資家の事業実績の審査がある

自己資金の少ない人が、貸家を増やす方法

修繕費を指値に反映する場合の指値の決め方

日本政策金融公庫と信用保証協会の融資は、サラリーマンの属性が良くない人の方が向いている

先に答えを見る。それから問題を考える。(資金調達の目処を立ててから、物件を探す)

プロパーローン(事業用ローン)を、受けられる人と受けられない人

銀行に対して発生するローンの利子の金額と、実際に支払うローンの利子の金額は違う

現金で戸建てや区分所有を買うメリットは、共同担保として利用するためではない

ローン返済と借入期間について(返済期間が長くとったら、資金繰りに有利になるか)

不動産の収益還元法での、収益価値の求め方

フラット35や財形住宅融資は、つなぎ融資を受ける必要がある

中古アパートの融資を受ける

アパート建設は借入金をいくらにする

信託銀行の融資状況

不動産への投資の意思を固める

大家さんになるのは、定年後でも遅くはありません(定年後の不動産投資)

お金を借りるということは、プライバシーを捨てることです

借入金の早期返済をして自己資本比率を上げる

5000万円の自己資金(頭金)で新築物件を買った場合に得られるキャッシュフロー

属性の良い人はいい物件を買っていない

融資を受けるためには、利益を上げる必要がある

将来を見据えた経営をする

銀行は事業家をどう見るか

銀行は事業家をどう見るか銀行は融資否認の理由をなぜ言わないのか

銀行は、返済することで、担保余力が出てくることを期待している

不動産投資の資金繰りが苦しくなるわけ

最近の不動産融資状況

返済期間をいくらでも長くでき、負担の少ない借入方法はカードローン

自己資金に十分余裕を持って、賃貸経営をする

マンションの1室タイプの投資で素人がローンを組むのはどうすればよいか

収益物件を増やすことによる借入金の増加についての注意点

土地値が高い物件

一棟ものの融資を受けるには

プロパーローン(事業用ローン)の担保掛目

法人を設立して融資を受ける

不動産をローンを組んで建てた( 買った)場合、相続税が安くなるのか

利益が少なくても、収益物件をこれ以上を増やすべきか

どのようにしてローンを返していけばいいのでしょうか

住宅ローンは信用面では有利ですが、財務面では不利

中古物件は、リフォームされた物件をローンで購入する

不動産投資は投資の中で最も安全である

アパート入居者の家賃支払い能力が落ちてきている

返済原資がないと銀行から融資を受けられない

なぜ不動産投資で融資が通らないのか

銀行から融資を受けるには、銀行を儲けさせる

積算価格と(賃貸)入居需要とは関連性はない

いくら利回りの高い物件でも、積算評価の伴わない物件は避ける(買ってはいけない)

不動産は自分の生活スタイルに合わせた買い方をする

金融機関から、どうやったらお金を借りられるか

利回りの低い物件は投資対象にならない

銀行融資を受けて、収益物件を購入してから引き渡しまでの流れ

税引き前利益を2倍、3倍に増やす

不動産投資は購入して、賃貸して、売却するまでのトータルで考える

銀行は少額の融資よりも、大口の融資の方を好むという間違い

スルガ銀行で金利交渉をする

日本政策金融公庫で融資を受けてみて

家賃収入と返済、給与収入と返済

日本政策金融公庫では収益性や、利益の伸び率の高い賃貸事業なら、担保がなくても融資を受けられる

銀行の赤字融資について

リタイアするには、資金繰りと同じくらいキャッシュフローが大事

物件を購入するときは、売ることを前提にしない(不動産投資は物件を持ち続けることを前提に購入する)

銀行は不動産投資に対する融資において、借入金償還年数を重要視する

銀行の融資を受けて行うリノベーション投資

金融機関は不動産投資ではなく、不動産賃貸業に融資する

不動産投資を始めるには区分所有から始める

銀行の融資審査は、経常利益を重視する

銀行融資と自己資本比率

銀行の融資判断(銀行はどのようにして融資の可否を決める)

一般企業への融資と不動産投資への融資とは違う

銀行は融資基準を満たない相談者に対しての対応はどうする

銀行には隠し事をしない(嘘をつかない)

不動産投資ローンの申し込みは、借りる人の年収を考慮しない

日本政策金融公庫の新創業融資なら無担保、無保証で最大1000万円まで創業資金の融資を受けることができる

銀行は融資申込者の借り入れ状況のすべてを把握しているわけではない

信用保証協会の連帯保証人

融資を受けるのに担保が要らなくなる(借入金に担保が要らなくなる)

財務内容を改善していくためには、地道に利益を出していく(粉飾はさける)

日本政策金融公庫のマル経融資は連帯保証人を取らない融資制度

銀行のスコアリング方式の仕組み

銀行に融資を申し込んでみて(身内、取締役の信用情報に難がある)

財務内容を改善するために赤字決算にする

銀行から低い金利で借りられる人

金融機関は融資を申し込む人の自己資金を確認する

土地を持っているだけではダメ

金融機関での面談の意味(就職の際の面接と、融資のための面談はニュアンスが違う。)

貯金することが不動産投資をする一番の資格

金融機関は融資金をすべて回収できるように担保をとる(連帯保証人、団信、火災保険の質権設定と共同担保)

普段から銀行取引をして手元資金を豊富にしておく

金利変動リスク

不動産投資をする場合に、自己資本だけでやるのと、借金をするのとでは、大きくなるスピードが違う

アパート建築資金の融資を受ける 

不動産投資はいくらぐらい税引き前利益(利益率)があればいいのでしょうか 

担保があれば融資は受けられるのか(融資と担保について)

ローンと相続税の関係(ローンを組んでアパートを建てると相続税は安くなるのか)

抵当権にするか根抵当権にするか

同じ築年数なら、RCは木造の30%の自己資金で買える

アパートローンの借り換え

なぜ収益価値(収益還元法)の方が積算価値(担保価値)よりも高く出るのか

つなぎ融資が必要な場合

いったい何を保証してくれるのか、長期保証という安心のからくり

資金繰りが苦しいのならセーフティーネット保証融資

定期預金を担保に融資を受ける

貯金するという強い意思がなければ、お金は貯まらない

リフォーム付住宅ローン

定期預金を担保に融資を受ける

無借金経営を目指すべきではない(事業で借りる事業融資は完済を目指してはいけない)

資金繰りに当座借越や、銀行カードローンの活用

借金は返さなくてもよいという意味は、借り換えをしないでという意味

りそな銀行は不動産の融資審査がゆるくなっている

日本保証 不動産担保ローン審査ゆるい

日本政策金融公庫から融資を受ける裏ワザ

印鑑を捺す人と、印鑑を持っている人は区別する

銀行は絶対儲かると思えば融資をする(人間として正しいことをする)

不動産投資 拡大と破綻

金融機関が不動産賃貸業への法人融資に積極的になってきた

キャッシュに基づいて不動産投資の舵取りを行うべき

マンションのローンを抱えている人が、土地から仕入れて新築戸建賃貸を建てることが可能か

病気や家族の不幸だけじゃなくて、倒産や借金を苦にしての自殺も多い

融資を受けるには連帯保証人を立てなければならない

購入後を考えて自己資金には余裕を持たなければならない

一生懸命努力することは時代遅れですと(会社員をしているのはローンを組むため)

アパートやRCマンションなどの一棟ものを買わずにリタイアしたためしはないのか

他人が買いたいと思わない一見難しそうで手間がかる物件こそが隠れた宝石

築古アパートは融資が付かないからチャンスである

融資が受けられないことが良かった部分がある

無理に融資を付けようとせずに融資がつくだけの価値のある物件を取得する方に力を入れる

アパートローンと事業用ローン

経済的自由を得る確かな道しるべ

ローンが返せなくなったらどうする

不動産投資で借入金が何億円もあると不安なことはないのか

アパートローンの融資基準は変化する

収益物件の融資は、キャッシュフローと純資産を重視する

店舗付きマンションの融資を受ける場合

シェアハウスローン

不動産投資のリスクは、借入金の期限があること

投資初期は自己資金で賃貸経営をする

信用金庫のマイカーローン

銀行に定期預金を預けておくことで、銀行から無担保融資を引き出せるようになる

最近の不動産投資の破綻パターンの特徴は資金ショート

不動産投資はローンを借りて返すを繰り返す

銀行担当者が見るポイントは税金の額

ローンの借り換えの前の心構え(ローンの借り換えの審査)

どんぶり勘定による成否

専業大家さんが融資を受けられない理由



スポンサーリンク



yt1115 at 11:37│clip!銀行融資 | 融資審査
スポンサーリンク
不動産投資ローン
不動産担保ローンの審査交渉

サラリーマンが 金持ちになるローンと貧乏になるローン

有担保カードローンは 不動産投資に利用できます。

不動産担保ローンは起業には欠かせません。

不動産担保ローンと 不動産投資だけの特別な仕組み。

新築マンション投資 銀行ローンについて

資産運用は実際に実績がある人から学ぶことです。

自営業者が銀行から 収益物件の融資を受けるには

住宅ローンとアパートローン

銀行融資 不動産担保の評価方法

不動産投資 金融機関の融資審査には金額の 少ない方が審査に通りやすいか。

不動産担保ローン 収益還元法の落とし穴

銀行預金と不動産担保ローン

自宅購入か不動産投資か

区分所有マンションは 担保にないにくいです

不動産投資ローン

銀行借入は キャッシュフローが全てです。

安サラリーマンでも悠々自適の生活は送れます。

更地を買って アパートを建てることはあまりすすめません。

物件購入はローンの金利と返済期間が大きく影響します

当面の資金繰りに困った時はどうする

不動産は借入金で 入手するものです。

借入金と家賃収入について

不動産投資ローン銀行から 高額融資を受けるには

銀行無担保カードローンと消費者金融のキャッシングの違い

労働金庫 有担保カードローン

繰り上げ返済を自動的にできるシステムがあります

不動産投資用のローンを受ける前にしておくこと

不動産投資には究極の投資というものはあります。

RCと木造を交互に組み合わせて 投資するスタイルが不動産投資には有効です

家族を守ることができる保険は 団体信用生命保険になります

ノンリコースローンはキャッシュフローに問題がある。

居住用マンションは賃貸に出しても採算が合わない

マンション経営失敗

根抵当権のメリット

不動産 出口戦略

不動産投資 キャッシュフローと利益の関係

ローンでワンルームマンションを購入する場合

ワンルームマンションが資産運用で有利な仕組み

アパートローン返済期間延長

物件が良いかどうかは買う人によって違ってきます

中古ワンルームマンションの 複数まとめ買い

セカンドハウスローン

ワンルームマンションに 融資してくれる金融機関

中古ワンルームマンション提携銀行融資

不動産投資ローン、金利の上昇にはどう対処する

不動産投資、金融機関選び

不動産投資、融資審査を受けてみる

銀行は大家さんの決算書のどこを見て融資の判断をするのか

不動産担保融資を、引き出しやすい物件

買い付け証明は、ローン特約を付けるかどうか

家賃が値下がりしたためにローンが 返せなくなったときの大家さんの対処法

ローンの支払いが苦しくなってきたとき返済交渉

更地からのアパート建設について

新築マンションをローンで買うのは勧めません

不動産担保ローン審査

ローン壊しについて

銀行から有利に融資を引くにはサブリースを付ける

フリーターや派遣社員で 住宅ローンを組む

銀行マンの給料はどこから出ているの

利回り星人はリタイアできない

積算価格が高い物件の落とし穴

キャッシュフローが、きつくなれば、さらにローンを利用する

不動産投資を始めるには、RC物件か、小さい物件を買うか

木造築古物件アパートを、フルローンで購入してもいいですか

大家さんになりたいが、自宅を購入してしまった場合はどうする

多額の住宅ローンが残っていて、引っ越しもできない人が、大家さんになるには

不動産、ローンが残っているが売却することはできますか

不動産担保ローン、元金据え置きを利用して安定経営を

フルローンのデメリット

借地権物件の銀行融資

不動産投資 失敗 自己破産

サラリーマンこそ賃貸経営を

不動産担保ローン属性の低い人の審査対策

銀行はサラリーマンが行う、不動産投資をどのように、捉えているのだろうか

少額物件は、スピード勝負です

サラリーマンを辞めるために、不動産投資をする

中古区分マンションの融資を引く

サラリーマン大家さんの、キャッシュフローと銀行融資

預金や借金でもキャッシュか

不動産の本当のプロは融資担当者になります

金融機関借り入れは熱意が必要です

創業後間もない人には、日本政策銀行の創業フォローアップ融資

不動産があればピンチはしのげる

不動産売却するまでにどれくらいかかる。

ワンルームマンションの担保評価

投資戦略としての、当座貸し越し枠設定

狭い土地でも、2世帯の住宅が建てられるのなら、賃貸併用住宅として、住宅ローンが組める

日本政策金融公庫 失業 借入

借入金比率

アパートローン審査

マンションは、ローンを組んで購入すれば、投資対象にはなりません

ローン審査に落ちない対策

銀行融資と信用毀損

自分で銀行交渉する場合

固定金利の落とし穴

収益物件 買い替え

ローンとの付き合い方

フルローンは危険か

ローン特約なしで購入する

不動産投資破綻

銀行目線 投資家目線 不動産屋目線

会社を辞めてはいけない理由

家賃収入には手を付けない銀行融資

不動産投資 自己資金を早く回収する

低金利の恩恵

銀行はどのように融資判断するのか

住宅ローンと投資物件のローンを家賃収入で賄う

あえてローンを使わない、現金による不動産投資は有効か

銀行融資のハードル

不動産投資の有利な特徴

住宅ローンがある場合の、不動産投資

サラリーマン大家さんと、専業大家さんの銀行融資

物件を増やすのなら、二番抵当を利用する

融資に不利にならない不動産決算書

金融機関から断られても、融資を引き出すには

法人で融資を受けるには

スルガ銀行で 融資を受けるには

オリックス銀行での融資

不動産担保ローン申し込み

ローンが物件価格に、届かない時の対処法

不動産担保ローンの効果的な使い方

融資の引き方失敗

成功する融資の引き方

融資を受けるための財務諸表対策

銀行が融資を断る本当の理由とは何でしょうか

家賃を下げるのなら、リフォームローンを利用する

赤字でも、債務超過でも銀行から融資を受けるには

属性を上げる方法

土地のみ購入ローン

銀行からお金を借りてくださいと言われる人

就職していなくても、民間銀行から融資を受けられるのでしょうか

三井住友銀行での融資の現状

銀行融資と確定申告

メインバンクでない金融機関の懐に飛び込むためには自治体の制度融資を利用する

金利が下がったら、なぜ貸せなくなるのか。

信用保証協会付き融資を受ける際は、プロパー融資と抱き合わせ融資を

不動産投資家である、事業主の資質を、銀行はどうやって判断するか

アパートローンと住宅ローン

銀行の不動産投資に対する融資

企業への融資と、不動産投資に対する融資の違い

不動産投資で、銀行融資を受けるデメリット

銀行が、融資をする理由

再建築不可物件銀行融資

どこの銀行から融資を受けたらいいのか

銀行は個人の借入履歴を、把握してから融資を行う。

事業用ローンと、住宅ローンの金利計算の違い

60歳からの不動産投資

何部屋の空室に耐えられるか

収支、返済シミュレーションをしっかりやっておけば 銀行と有利に交渉できる

損益計算書より貸借対照表の方が重要です

市街化調整区域内の不動産投資

自宅併用賃貸住宅は住宅ローンかアパートローンかプロパー融資かどれが有利ですか

属性を補うもの

土地から購入してアパート・マンションを建てる新築融資

金額はいくら入用ですかと銀行に聞かれたとき

日本政策金融公庫の繰り上げ返済

自己資金を貯めてから買うよりも、買ってからローン完済を目指す

信用と、属性の低い人は豊富な金融資産を用意する

不動産投資物件の、ローンの安全性を見る

デフレ下では ローンの完済を目指す

返済期間を短くローンを組むメリットは何でしょうか

融資期間を短く組めばローンコストが高くなる

フルローンが出る物件

不動産投資の怖いところ

金融機関は購入価格で融資額を決定する

新築物件が中古物件よりも住宅ローンが通りやすい理由

コインランドリー経営の資金調達は日本政策金融公庫

年収はお金で買えるという落とし穴

借金から逃れるにはすべてをオープンにすることです

銀行が警戒する点と投資家のリスク

民間銀行のリフォームローン

フルローンを受けるには

融資を受けて アパートのオーナーになるには

融資を受けるようになるには

アパートローンのデメリット

お金を借りられる人と借りられない人の違いは、(資金繰りに真剣に取り組んでいるかどうかです)

設備資金を借り入れる

手元資金は借入をしてでも確保しておく

なぜアパート・マンション事業は15年目が危機になるのか

アパート経営の始め方、(資金)計画

事業性融資は属性も、資産家も関係しない

法人なら、木造築古物件に長期の融資は受けられる

信用保証付き債務を、金利の高い既存債務の返済に充てる

融資を受けるようになるには

アパートローンのデメリット

お金を借りられる人と借りられない人の違いは、(資金繰りに真剣に取り組んでいるかどうかです)

銀行支店長は何を重視しているか

融資がつかなくなる理由

不動産投資ローンの種類(事業用ローンとアパートローンの違い)

エリア外(遠隔地)の不動産投資

自営業者が不動産投資の融資を受けるには保証協会付き融資を利用する

保証協会と保証会社との違い

融資を受けて アパートのオーナーになるには(区分所有マンションの融資はどうか )

銀行は建物の価値よりも、土地の価値に融資を行う

エリア外(遠隔地)の不動産投資

自営業者が不動産投資の融資を受けるには保証協会付き融資を利用する

保証協会と保証会社との違い

サラリーマンが融資を受けて不動産投資を始めるには(大家さんになるには)、オリックス銀行やスルガ銀行で融資を受けて始める

融資を受けて アパートのオーナーになるには

銀行は建物の価値よりも、土地の価値に融資を行う

信用保証付き債務を、金利の高い既存債務の返済に充てる

融資を受けるようになるには

アパートローンのデメリット

お金を借りられる人と借りられない人の違いは、(資金繰りに真剣に取り組んで いるかどうかです)

銀行支店長は何を重視しているか

不動産投資ローンの種類(事業用ローンとアパートローンの違い)

保証協会と保証会社との違い

サラリーマンが融資を受けて不動産投資を始めるには、オリックス銀行やスルガ銀行で融資を受けて始める

銀行は建物の価値よりも、土地の価値に融資を行う

初期不動産投資戦略からプロへの道へ

金融機関の融資査定法(不動産投資のすべての融資のベースとなる考え方)

不動産投資用の融資がなかなか受けられない人の(資金調達法)借入法

確実に購入できる買付申込書の書き方について

不動産投資の融資の決め手は、物件の担保力と収益力と賃貸事業の実績

金融業界の融資基準

将来、不動産担保ローンの融資を受けるための実績作り

物件単体では融資OKであっても、最終的には投資家の事業実績の審査がある

自己資金の少ない人が、貸家を増やす方法

修繕費を指値に反映する場合の指値の決め方

日本政策金融公庫と信用保証協会の融資は、サラリーマンの属性が良くない人の方が向いている

先に答えを見る。それから問題を考える。(資金調達の目処を立ててから、物件を探す)

プロパーローン(事業用ローン)を、受けられる人と受けられない人

銀行に対して発生するローンの利子の金額と、実際に支払うローンの利子の金額は違う

現金で戸建てや区分所有を買うメリットは、共同担保として利用するためではない

ローン返済と借入期間について(返済期間が長くとったら、資金繰りに有利になるか)

不動産の収益還元法での、収益価値の求め方

中古アパートの融資を受ける

アパート建設は借入金をいくらにする

信託銀行の融資状況

不動産への投資の意思を固める

大家さんになるのは、定年後でも遅くはありません(定年後の不動産投資)

お金を借りるということは、プライバシーを捨てることです

借入金の早期返済をして自己資本比率を上げる

5000万円の自己資金(頭金)で新築物件を買った場合に得られるキャッシュフロー

属性の良い人はいい物件を買っていない

融資を受けるためには、利益を上げる必要がある

将来を見据えた経営をする

銀行は事業家をどう見るか

銀行は事業家をどう見るか銀行は融資否認の理由をなぜ言わないのか

銀行は、返済することで、担保余力が出てくることを期待している

不動産投資の資金繰りが苦しくなるわけ

最近の不動産融資状況

返済期間をいくらでも長くでき、負担の少ない借入方法はカードローン

自己資金に十分余裕を持って、賃貸経営をする

マンションの1室タイプの投資で素人がローンを組むのはどうすればよいか

収益物件を増やすことによる借入金の増加についての注意点

土地値が高い物件

一棟ものの融資を受けるには

プロパーローン(事業用ローン)の担保掛目

法人を設立して融資を受ける

不動産をローンを組んで建てた( 買った)場合、相続税が安くなるのか

利益が少なくても、収益物件をこれ以上を増やすべきか

どのようにしてローンを返していけばいいのでしょうか

中古物件は、リフォームされた物件をローンで購入する

不動産投資は投資の中で最も安全である

アパート入居者の家賃支払い能力が落ちてきている

返済原資がないと銀行から融資を受けられない

なぜ不動産投資で融資が通らないのか

銀行から融資を受けるには、銀行を儲けさせる

積算価格と(賃貸)入居需要とは関連性はない

いくら利回りの高い物件でも、積算評価の伴わない物件は避ける(買ってはいけない)

不動産は自分の生活スタイルに合わせた買い方をする

金融機関から、どうやったらお金を借りられるか

利回りの低い物件は投資対象にならない

銀行融資を受けて、収益物件を購入してから引き渡しまでの流れ

税引き前利益を2倍、3倍に増やす

不動産投資は購入して、賃貸して、売却するまでのトータルで考える

銀行は少額の融資よりも、大口の融資の方を好むという間違い

スルガ銀行で金利交渉をする

日本政策金融公庫で融資を受けてみて

家賃収入と返済、給与収入と返済

日本政策金融公庫では収益性や、利益の伸び率の高い賃貸事業なら、担保がなくても融資を受けられる

銀行の赤字融資について

リタイアするには、資金繰りと同じくらいキャッシュフローが大事

物件を購入するときは、売ることを前提にしない(不動産投資は物件を持ち続けることを前提に購入する)

銀行は不動産投資に対する融資において、借入金償還年数を重要視する

銀行の融資を受けて行うリノベーション投資

金融機関は不動産投資ではなく、不動産賃貸業に融資する

不動産投資を始めるには区分所有から始める

銀行の融資審査は、経常利益を重視する

銀行融資と自己資本比率

銀行の融資判断(銀行はどのようにして融資の可否を決める)

一般企業への融資と不動産投資への融資とは違う

不動産投資ローンの申し込みは、借りる人の年収を考慮しない

日本政策金融公庫の新創業融資なら無担保、無保証で最大1000万円まで創業資金の融資を受けることができる

銀行は融資申込者の借り入れ状況のすべてを把握しているわけではない

信用保証協会の連帯保証人

融資を受けるのに担保が要らなくなる(借入金に担保が要らなくなる)

財務内容を改善していくためには、地道に利益を出していく(粉飾はさける)

銀行から低い金利で借りられる人

金融機関は融資を申し込む人の自己資金を確認する

土地を持っているだけではダメ

金融機関は融資金をすべて回収できるように担保をとる(連帯保証人、団信、火災保険の質権設定と共同担保)

普段から銀行取引をして手元資金を豊富にしておく

アパート建築資金の融資を受ける 

不動産投資はいくらぐらい税引き前利益(利益率)があればいいのでしょうか 

担保があれば融資は受けられるのか(融資と担保について)

ローンと相続税の関係(ローンを組んでアパートを建てると相続税は安くなるのか)

抵当権にするか根抵当権にするか

同じ築年数なら、RCは木造の30%の自己資金で買える

アパートローンの借り換え

なぜ収益価値(収益還元法)の方が積算価値(担保価値)よりも高く出るのか

資金繰りが苦しいのならセーフティーネット保証融資

無借金経営を目指すべきではない(事業で借りる事業融資は完済を目指してはいけない)

資金繰りに当座借越や、銀行カードローンの活用

りそな銀行は不動産の融資審査がゆるくなっている

日本保証 不動産担保ローン審査ゆるい

銀行は絶対儲かると思えば融資をする(人間として正しいことをする)

不動産投資 拡大と破綻

金融機関が不動産賃貸業への法人融資に積極的になってきた

キャッシュに基づいて不動産投資の舵取りを行うべき

マンションのローンを抱えている人が、土地から仕入れて新築戸建賃貸を建てることが可能か

病気や家族の不幸だけじゃなくて、倒産や借金を苦にしての自殺も多い

融資を受けるには連帯保証人を立てなければならない

購入後を考えて自己資金には余裕を持たなければならない

一生懸命努力することは時代遅れですと(会社員をしているのはローンを組むため)

アパートやRCマンションなどの一棟ものを買わずにリタイアしたためしはないのか

他人が買いたいと思わない一見難しそうで手間がかる物件こそが隠れた宝石

築古アパートは融資が付かないからチャンスである

融資が受けられないことが良かった部分がある

無理に融資を付けようとせずに融資がつくだけの価値のある物件を取得する方に力を入れる

アパートローンと事業用ローン

経済的自由を得る確かな道しるべ

ローンが返せなくなったらどうする

不動産投資で借入金が何億円もあると不安なことはないのか

アパートローンの融資基準は変化する

収益物件の融資は、キャッシュフローと純資産を重視する

不動産投資のリスクは、借入金の期限があること

投資初期は自己資金で賃貸経営をする

最近の不動産投資の破綻パターンの特徴は資金ショート

不動産投資はローンを借りて返すを繰り返す

銀行担当者が見るポイントは税金の額

ローンの借り換えの前の心構え(ローンの借り換えの審査)

スポンサーリンク
起業、創業、借入
事業主が融資を受ける方法の一つに手形貸付がある

証書貸付

手形割引

当座貸越

手形割引、手形貸付、証書貸付、当座貸越の順番に審査が通りやすい

保証付融資について

保証付融資申込

プロパー融資について

ビジネスローン

日本政策金融公庫

融資審査のポイント

融資申込手順

融資申込と審査

融資審査のポイント

稟議書の急所

融資審査の流れ

融資しない理由

決算書だけでなく現場を見る

融資は経営者も審査される

決算書以外のことも見る

銀行は審査に興信所を使う

決算書の内容が真実であるか

融資先企業の査定

格付はどのように審査される

融資は安全度が審査される

個人事情主や企業の収益性とは

信用保証協会付き融資の難易度

ビジネスローン専門金融機関

商工ローンで借りるには

ノンバンクで借り入れる

付き合う銀行の選び方

銀行からの融資の受け方

複数の銀行と付き合う

なぜ借りられるから借りてしまうの

融資に担保は必要か

担保、抵当権、根抵当権

不動産担保ローン審査での不動産の評価

不動産以外を担保にする融資

売掛金を担保にする融資

銀行が保証人を要求する場合とは

保証人の審査はどうする

保証の種類

担保と保証人があれば融資は大丈夫か

融資を受けるために必要な費用

融資を受ける場合金利はどのように決められる

銀行からの金利交渉される場合がある

銀行の儲けの源

融資の返済期間はどのように設定される

銀行融資の支払い方法に一括返済がある

融資を受ける際に必要な書類

運転資金の融資申込金額はいくらの金額になる

業務を拡大するにしたがって運転資金も増えていく

融資を返済するために受ける融資がある

売上の変動に備えるための融資

納税資金、賞与資金の融資

つなぎ資金について

赤字でも融資が受けられるのか

過剰在庫による資金不足は運転資金として融資を受ける

設備資金の融資

投資資金の融資

銀行への返済ができなくなった時

返済破綻

リスケジュール交渉

リスケジュール交渉前にすること

リスケジュール交渉の仕方

リスケジュールを行うと一体どうなるのか

リスケジュール後の返済

返済の一本化の効果

どんぶり勘定による成否

融資を受けるための一番効果的なテクニック





a8mat
<

a8mat


a8mat


a8mat


a8mat
かわいい【ハローキティカード】はこちら